マンチカンとは

マンチカンは普通の猫よりも脚が短いという特徴を持っている猫です。その体型から、猫のダックスフントと呼ばれることもあります。繁殖が行われるようになったのが1980年代、新種として認められたのが1995年と、まだ新しい種類です。ダックスフントはその独特の体型による骨格の問題が良く知られていますが、マンチカンについては具体的な証拠は示されていません。

 

マンチカンの名前の由来は英語のマンチキンから来ています。小さなむしゃむしゃと食べるもの、という意味があり、日本語に置き換えると餓鬼に近いですが、小人という意味で使われることが多く、世界的に有名な童話でも小人の国の名前および種族名として使われています。

 

様々な種類の猫との交配が行われたことから、同じマンチカンであっても短毛種と長毛種がいたり、毛色が様々であったりと、見た目のバリエーションが非常に多いことも特徴です。長いしっぽを持ち、バランスを取るのに使ったり感情を表したりと、表情豊かに良く動くしっぽも人気の理由の一つです。元気で甘えん坊なので人懐っこく、他の猫との多頭飼いにも向いています。また、家に人がいなくても上手に留守番ができるため、一人暮らしの人でも飼いやすいと言われています。平均体重は4キロ前後と他の種類に比べると小さめなことも飼いやすいと言われる理由の一つです。

 

マンチカンを飼う場合、他の猫とは体型に大きな違いがあるため、飼い方に違いがあるのか気になるという人も多いはずです。飼い方や注意点について説明します。